ライブレポート

食道ESD 平澤 大先生 症例

食道下部 後壁の25㎜大の0-Ⅱc
EPに対してESD施行。
Hook knifeにてあざやかに一括切除され、
問題なく終了しました。

病理:Esophagus,ESD:Moderately differentiated
squamous cell carcinoma invading the lamina
propria mucosae(M2:LPM)[0-IIc,17×15mm,
LPM,ly0,v0, LM(-),VM(-)]